臨床心理士うつになる-一歩一歩、歩いてく-

臨床心理士うつになる-一歩一歩、歩いてく-

パキシルを飲んだ直後に強烈な自殺企図。発作による失神を繰り返しうつ病に。いつか自分らしく生きられる日までの過程をつづります(・ω・)b

うつの回復を支える情報

こちらの記事は一番新しい位置に来るようにしてあります。
通常の記事はこの次の記事です。

自立支援医療制度 厚生労働省のホームページへ
医療費負担を1割にします。
私、ずいぶん長い期間知らなかったので、負担が大きくなりました。
詳しくは、お住まいの自治体の担当課等に問い合わせてください。

精神障害者保健福祉手帳 厚生労働省のホームページへ
税金の控除 地域によっては公共料金等の割引があります。

障害年金 など 厚生労働省のホームページへ
私が知らないものもたくさんあって驚き。知らなくてがっかり。
年金事務所で渡された書類には手帳の等級の記載欄がありました。
手帳申請後の方がいいのかもしれません。

適宜情報を追加していきます。

パキシルを飲んだ時の回想
「ごくまれにパキシルで死亡することがある」医師/中川原、久保田  私は、うつ病なんかじゃなかった


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病 ブログランキングへ

スポンサーサイト
[ 2037/05/27 23:41 ] うつの回復を支える情報 | TB(-) | CM(0)

記憶喪失が発覚しばらく経ちました。

記憶喪失になった混乱からは脱しつつあります。





パキシル(SSRI) 5mg 夜
アモキサン(三環系抗うつ薬) 10mg 朝夜




耳鳴り。
認知症的症状。
肩こり。
めまい。

どれがうつ状態に関連して起こっているのかはわかりませんが。

ベック抑うつ質問票

の、記録を残していたことを思い出したので、
何とか記事を書くところへたどり着きました。

質問票の記録を残していたのは、
週ごとに状態がどうだったか終えるようにするのが目的でしたが。

ベック抑うつ質問票
9点
「この程度の落ち込みは正常範囲です。憂うつな状態です。
気分転換をしたり、信頼できる友人と時間を共にすると良いでしょう。」

正常範囲までたどり着いたようです。

なぜだか不服。

頭はぼーっとしているし。
社会復帰したわけでもないし。
仕事があるわけでもないし。

文句言っても仕方がないですが。

病院まわりしていました。
めまいがなかなか治まりません。

ズボンをはこうとするとふらつくので危なくて仕方ないです。

地域の耳鼻科から、大きな病院へ紹介状を書いてもらいました。

地域の耳鼻科は精神科関係の薬の副作用を指摘。
心療内科は副作用を否定。
大きな病院では脳幹に異常はみられないので薬の副作用を指摘。

それはそうとです。

旧帝国大学の系列だそうですが、
頭いいんでしょうが、プライドのコントロールができない方がね・・・。

私の指導者もそうでしたが。

そんなこんなの今日この頃です。
めまいの原因は未だに不明で、もう少し検査をすることになりそうです。


記憶喪失の件です。

失われた?記憶?はおおよそ戻ってきた気がします。

それによると、過去の私はこの時のために仕掛けをしていたようです。

いずれ私はある人を訪ねるために、
それにまつわるエピソードをしている人に口止めをしたようです。

「私に何も教えるな」と。

事実関係を確認したい。

しかし、

日記は残していない。
心療内科では話していない。
記憶を失う前の私は、事実関係を確認できないように、口封じをしている。
誰もLINEに反応しないは、知らぬ存ぜぬを通されるは・・・。

何もわからない(´;д;`)ブワッ

過去の私が指示通りに動くしかなさそうです。


数カ月間寝たきり、リハビリ、めまいで驚くほど体力が低下しているようです。

勉強するにも身体能力が追いつきません。

まずは体力づくりが必要のようです。

<今日のいいところ探し>
とりあえず生きてます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病 ブログランキングへ

ご訪問ありがとうございました。
[ 2017/05/21 23:36 ] ベック抑うつ質問票の記録 | TB(-) | CM(0)

2017年4月の出来事

未だ混乱のさなかですが、ふりかえりだけは。




パキシル(SSRI) 5mg 夜
アモキサン(三環系抗うつ薬) 10mg 朝夜




耳鳴り。
かたこり。
認知症症状?

椎間板ヘルニア手術を終えて、自宅療養の日々。

ちょっとショッキングな出来事があって、
精神面は混乱の日々。

回転性のめまいも出ている。

最初にパキシルを飲んで、重篤な副作用に苦しんだ。
「ごくまれにパキシルで死亡することがある」医師/中川原、久保田  私は、うつ病なんかじゃなかった
その時のように頭が炎上するような感覚があった。

こころというか、体にダメージを受けたように思える。

寒気がして、一時は危なかった。
酷いうつ症状に陥る恐怖を味わった。

まだ半信半疑ではあるが、解離性健忘つまり記憶喪失になっているらしい。

局所的なもので、ある人とその人にかかわるエピソードが消えていたらしい。

ただ、本当かどうかが確認できない。
僕のただの妄想とか、勝手に作った記憶と混同しているのかもしれない。

それぞれの人に確認ができないので、混乱した状態が続いている。

正直、つらい。

過去の記憶の混乱と今起きているショッキングな出来事。

その両方からのストレスにさらされている。


脳が炎上したような感覚があった。

かなり怖かった。

薬減らすとか、やめるといったことは、十分健康になってからのことだと考えるようになった。

ただのうつじゃない。

そう思った。

体が壊れていることを実感した。


そんなこんなで勉強は全く手につかなくなってしまった。

事態が全然収拾できない。

やっぱり僕は、メンヘラです。

何とかして立て直さなきゃ。
うたれ弱いなぁ、おれ。

<今日のいいところ探し>
久しぶりに書いた。
苦しいけど、生きてる。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病 ブログランキングへ

ご訪問ありがとうございました。
[ 2017/05/01 23:00 ] 月ごとの振り返り | TB(-) | CM(0)

私は、記憶喪失になっていたらしい

ありえないなんてことは、ありえないという、残酷さ。




パキシル(SSRI) 5mg 夜
アモキサン(三環系抗うつ薬) 10mg 朝夜




めまいが起きてから明らかになった真実。


一昨年の12月から去年の4月あたりの記憶の一部が消えていた。

解離性健忘?
要するに記憶喪失というやつ。

ある出来事に関するエピソードが僕の頭から消えていた。

めまいを起こしてから、芋づる式に思い出した。

体に、脳に刻まれた傷。
こころに刻まれた傷。
「ごくまれにパキシルで死亡することがある」医師/中川原、久保田  私は、うつ病なんかじゃなかった
パートの仕事のおかしな状況。

私の頭はキャパオーバーを起こしたらしい。

私の体は、幸せな出来事を受け止めきれなかったらしい。

大切にしたいと思っていたけど、
どうやらだめだったらしい。

働かないといけない。
勉強しないといけない。

また、こころと体がいうことをきかなくなってしまった。

なんてポンコツな体なんだろう。

ゆるせない、悲しい、ゆるして欲しい。

がんばってたのに。

残酷だ。

<今日のいいところ探し>
心理の人間としては興味深い       けど・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病 ブログランキングへ

ご訪問ありがとうございました。
[ 2017/04/27 00:11 ] うつに対する雑感 | TB(-) | CM(0)

脳の古傷の炎上? 体に刻まれたうつの後遺症を実感する

生存報告。




パキシル(SSRI) 5mg 夜
アモキサン(三環系抗うつ薬) 10mg 朝夜





耳鳴り。
肩こり。
認知症症状。
回転性めまい。


めまいは、精神面にショックを受けたからだと思う。
頭の同じところが炎上するように悲鳴を上げていた気がする。

「ごくまれにパキシルで死亡することがある」医師/中川原、久保田  私は、うつ病なんかじゃなかった
重篤な副作用の体験。
読まないほうがいいかも。

あの頃の感覚に似ていた。
同じところがダメージを受けているような気がした。

一時期は体に寒気がした。
少しだけど。
ピリピリとした感じ。

横になって休みながら、何とかしないとやばいかもしれない。
そんな風に思っていた。

昔と同じ失敗をしでかした後悔の念が、
僕の体を蝕んでいた。

かつての傷から、再び息を吹き返すような気がした。

ようやく落ち着きつつあるけど、
めまいはまだまだ健在で、時々ふらふらします。
もとい、体を横たえたりすると、目の前の光景回転します。

耳鼻科では「一時的なものだと思う」と言われた。

私もそう思う。

おかしくなって以来、勉強の手が止まっている。
完全に止まったわけではないけれど。

手術を経て、普通の生活が送れるようになってきているのに、
それには全然追いついていない。


とにもかくにも、自分の脳に後遺症が残っていることをはっきり意識した。

目途が立ち始めて数カ月しかたっていない。

私はきっと、ただのうつじゃない。
と、勝手に思っている。

壊れた部分が十分改善するまでもっともっと時間がかかることを覚悟した。

相当長い期間、減薬は絵空事と思ったほうがいいのかもしれない。

今は薬を減らすよりも、前に進まないといけない。


つらいな。

こころの支えが欲しい。

失ったもの。
得られなかったもの。
大きすぎるよ。

絶対に失ってはいけないものを、僕は得られなかった。

でも、進まなきゃ。
生きてる限り、他に選択肢はないんだから。

書いてみて、
どうせなら楽しまなきゃ、と自分に言い聞かせた。

<今日のいいところ探し>
久々に更新した。
再発まではしていない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

うつ病 ブログランキングへ

ご訪問ありがとうございました。
[ 2017/04/22 19:27 ] うつに対する雑感 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

一歩

Author:一歩
このブログの内容は個人の体験をもとに書かれています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

FC2カウンター